パパのこだわりベビーグッズ ベビーシート・チャイルドシート ワンポイントメモ 忍者ブログ
クチコミで広がりつつあるベビービョルン、モイジ、レカロなど輸入ベビーグッズをメインに書いています
← Prev *29 * 28 * 27 * 26 * 25 * 24 * 23 * 22 * 21 * 20 * 19 * Next →
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

応援していただけるとうれしいです→ 人気ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
ベビーシート・チャイルドシート ワンポイントメモ

ドイツではECE No.44に基づき
チャイルドシート・ベビーシートを下記のように分類しています。

  • クラス0:体重10kgまで。進行方向に対して後ろ向き又は横向き

  • クラス0+:体重13kgまで。進行方向および後ろ向き

  • クラスI:体重9kgから13kgまで。進行方向まだは後ろ向き

  • クラスII:体重15kgから25kgまで。主に進行方向

  • クラスIII:体重22kgから36kgまで。進行方向のみ

  • クラス1-3:体重9kgから36kgまで


ドイツでは自動車で子供を非安全な状態で運転している場合は罰金40ユーロと1点が加算されます。
ベビーシートを助手席に進行方向と反対向きに取り付けて、エアーバッグを解除していない場合には、25ユーロの罰金となります。
また、チャイルドシートはドイツの道路交通法では12歳まで、そして身長150cm以下の場合はチャイルドシートを利用しないといけないそうです。
※ここではクラスと書いていますが、「グループ」と書いているところもあります。


我が家でも子供の成長に併せて買い足していきました。
現在はレカロのチャイルドシートを使っていますので12歳までOKです。
ただし、これはあくまでも目安です。
たとえばクラス1でも子供の頭がチャイルドシートからはみ出るようでしたら、
大変危険ですので次のクラスのチャイルドシートを買って下さい。



ドイツのautocrashtest.deでは前方から時速64キロ、側面から時速50キロで衝突
するとシュミレーションしてテストしているようです。
(ウェブサイトを見ますと時速40キロでもシートベルトしてなければ死亡するとあります)
PR
応援していただけるとうれしいです→ 人気ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Vater KEN
性別:
男性
自己紹介:
育児をしてみて、男親の観点からベビー用品の善し悪しがわかるようになってきました。
※Vater(ファーター)とはドイツ語で父という意味です。
ブログランキング
人気ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ内検索
最新CM
[09/24 マルコ]
[03/26 ベビログ事務局]
[10/30 y007]
バーコード
アクセス解析
Copyright (c) パパのこだわりベビーグッズ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog. 忍者ブログ [PR]